読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天真のトーキング

こんちは、天真ブログです。古館一郎を尊敬しています。……トーキング!!

体が成長しても背負える工夫がされていたり、肩や腰の負担を考えて軽量化されています。

パソコン産業の発展とともに成長を遂げてきた台湾の半導体モリー業界。
IT見本市コンピューテックス台北に世界のパソコン業界関係者が押し寄せた2000年代には台湾勢のDRA M世界シェアは2割程度あった。
だが、その後のDRAM市場は大規模投資で圧倒した韓国勢が主導。
南亜のライバルだった力晶半導体や茂徳科技は受託生産や設計に業態転換。
南亜のシェアも今や3%だ。
台湾DRAMに復活の道はない。
台湾の調査会社、集邦科技の呉雅アナリストは突き放す。
主力用途のパソコン市場自体が成熟化。
加えてDRAMの関連特許は世界大手が握っており、独自技術の乏しい台湾勢は多額のロイヤルティーを支払うしかない。
南亜はマイクロンとの関係強化に望みを託す。
昨年12月、同社との合弁会社、華亜科技の保有株をすべてマイクロン側に売却すると発表。
売却総額の66%に当たる315億台湾ドルはマイクロンの第三者割当増資に応じて出資する計 画だ。
もっともマイクロンの意図が判然としない。
成長性の乏しいパソコン向けも手掛けるイノテラは最終赤字が続く。
完全子会社化すれば業績の足かせとなる。
業界筋は中国勢の影を感じ取る。
中国企業が政府の支援を受けながら南亜買収に乗り出せば、3位のマイクロンは真っ先に攻勢を受けかねない。
だから、先回りして南亜との関係を強化するとの読みだ。
一方で、自ら中国勢との協力を模索しているとの噂も絶えない。
世界再編を巡り大手の思惑が交錯する半導体モリー市場。
翻弄されるだけの南亜の先行きには不透明感だけが強まる。
さて、気になる話題「ランドセルのランキング」で今日のブログは終了します。
フィットちゃんランドセルには、体が成長しても背負える工夫がされていたり、肩や腰の負担を考えて軽量化されています。
また、6年間使用しても壊れない作りになっているだけではなく、カラーバリエーションが豊富というのも魅力のようです。
小学校1年生から6年生までの間に身長が20センチ~40センチも伸びると言われており、子供の体型の変化にも対応できる機能力が人気の理由にもなっています。
また、男の子は扱いが雑なことが多く壊れやすいのですが、フィットちゃんランドセルはちょっとのことでは壊れないよう設計されて作られている為、安心して6年間使用することができるでしょう。
ランドセルのランキング