読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天真のトーキング

こんちは、天真ブログです。古館一郎を尊敬しています。……トーキング!!

健やかなお肌のために開発されたのが、あきゅらいず【泡石・ほうせき】

すでに周辺国への投資は積み増している。
同社が発 表した今年4~6月期決算によると、売上高に占めるASEAN比率は23%と過去最高水準だ。
やみくもな投資ではない。
肝になるのは国の発展度合いに応じた機能分担だ。
ミャンマーの中心地ヤンゴンから東に陸路で約300キロ離れた要衝モーラミャイン。
インドシナ半島を横断する東西経済回廊の起点となり、タイ国境にも近いこの町に9月までにSCGが新セメント工場を稼働する。
生産能力は年180万トン。
今後、本格的に整備される東西経済回廊のほか、各種インフラ整備に新工場で生産するセメントが使われるとみられる。
SCGは昨年、カンボジアインドネシアでセメント工場を稼働させたばかり。
来年にはラオス南部のタイ国境近くにも工場が稼働する計画だ。
タイに隣接す るラオスカンボジアミャンマーは1人当たり国内総生産が1000ドル台で、東南アジアの中では経済発展が遅れている。
その分成長余地は大きく、ビルや交通インフラの建設のためにセメントの需要は拡大する。
これら3カ国より発展しているベトナムでは今年1月、もともと出資していたタイルなどのメーカー、プライム・グループに約21億バーツを追加投資して完全子会社化すると発表した。
インドネシアでは14年に紙製品メーカーのインドリスを買収した。
周辺国への積極投資により、SCGの社員の配置も変わってくる。
昨年末時点で5万人余りいた従業員のうち、東南アジアを中心とした国外従業員は、約3割の1万5000人だった。
SCGの取締役で昨年まで社長兼CEOを務めたガン・ト ラクンフン氏は10年後には10万人企業になり、半分はASEANにいるだろうとの見通しを示した。
さて、お役立ちサイトを紹介して今日のブログは終了します。
健やかなお肌のために開発されたのが、あきゅらいず【泡石・ほうせき】
お肌の潤いをしっかり残しつつ、汚れや不必要な皮脂を落としてくれる石けんです。
潤い成分の東洋ハーブエキスの「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」。
もちもち泡のキメ細かさとふっくら感、洗い上がりのすっきり&ぴかぴか感、そして不思議なしっとり感をご体験下さい。
あきゅらいず泡石